運転手として働くために必要なタクシー資格とは

二種免許は運転手には欠かせないタクシー資格

運転手として働くために必要なタクシー資格とは

看板

タクシー運転手に必要な資格

タクシー運転手として働くには、タクシー資格などは特にありませんが、「普通第二種免許」が必要不可欠です。こちらは「二種免許」とも呼ばれます。この二種免許は、旅客運送契約遂行として車を運転する際に必要とされる運転免許です。普通免許や中型免許などを取得して3年以上経過している21歳以上でないと、受験をすることができません。自動車学校で取得することができます。ちなみに、二種免許がないとタクシー会社に入社できないわけではなく、タクシー会社に入社したあとに会社が費用を負担してくれ、二種免許の取得をサポートしてくれるケースも多くあります。早ければ1週間程度で取得することが可能なので、特別難しい免許ではありません。

タクシー運転手のメリット

タクシー運転手には代表的な2つのメリットがあります。代表的なメリットの1つが、自分のペースで働けることです。タクシー運転手の仕事は、オフィスワークのように決まった休憩時間がありません。そのため、休みたいときには休むことができ、働きたいときには働くことができます。もちろん、最低限の売上は達成しなければいけませんが、お客さんが少ない日にはのんびりと働き、週末や忙しい時間帯にはガッツリと働くことが可能です。2つ目のメリットは、実力次第で高給与をもらうことができることです。タクシー運転手の仕事は、歩合制が採用されています。目安として売上の50~60%が給与に反映される仕組みです。そのため、売上が高ければ高いほど給与も高くなります。時給制の仕事ならば、どんなに頑張ってももらえる給与は変わりませんが、タクシー運転手ならば実力と頑張り次第で多くの給与をもらうことができます。タクシー運転手の中には年に1000万円近く稼いでいる人もいるほどです。

タクシー運転手の勤務体系

タクシー運転手の勤務体系は、昼日勤・夜日勤・隔日勤務の3種類があります。昼日勤は勤務時間が朝から夕方までに決められていて、週二日の休みが基本です。一般的な仕事の勤務体系といえるでしょう。早朝にタクシーを利用するサラリーマンや病院などに向かう高齢者の方をお客様として乗せるのがメインになります。夜日勤は、夕方から深夜の時間帯に勤務するスタイルです。タクシーは、深夜だと割増料金が発生するので、給与も高くなります。昼の時間帯に比べて夜は利用者が多いので、売上も自然と上がります。そして、昼日勤や夜日勤の勤務スタイルよりも主流となっているものが、隔日勤務です。タクシー運転手はこの隔日勤務を採用している会社がほとんどです。隔日勤務は簡単にいうと昼日勤と夜日勤を合わせた仕事スタイルになります。つまり、朝から働いて翌日の朝方まで働くスタイルです。勤務時間は20時間程度になります。この隔日勤務ですが、勤務が終わった日は「明け番」となり自宅で休むことができます。場合によっては次の日に公休が入っているので2日連続で休みになります。この隔日勤務は、昼日勤や夜日勤に比べて勤務日数が少なくなることが特徴です。一ヶ月の勤務日数は12日程度になります。

タクシー運転手に向いている人

しっかりと体調管理ができる人

タクシー運転手に向いている人は、「しっかりと体調管理ができる人」です。タクシー運転手の仕事は自分のペースで働くことができるということことが特徴です。そのため、頑張りすぎずに休むときはしっかり休める人でないと無理をしてしまう恐れがあります。

運転が好きな人

タクシー運転手という名前の通り、運転が好きな人はタクシー運転手に向いているといえます。業務時間のほとんどを運転しているので、もともと運転することが好きではないと続けることは難しいでしょう。

コミュニケーションが得意な人

タクシー運転手は、接客業でもあります。お客様と楽しく話すことができるタクシー運転手は、リピート率も高く、売上も上がりやすくなります。そのため、コミュニケーションが得意な人はタクシー運転手として活躍できるチャンスがあります。

一人の時間が苦にならない人

タクシー運転手は、お客様を乗せているとき以外は基本的に一人なので、一人の時間が苦にならない人はタクシー運転手を続けやすいでしょう。逆に考えるとタクシー運転手は人間関係で悩むことが少ないともいえます。

誰でも活躍できる仕事

タクシー運転手は、年齢や性別にかかわらず誰でも活躍できるチャンスのある仕事です。気になった方は、求人誌や求人情報サイトでタクシー運転手の求人をチェックしてみましょう。